2022/01/18

噂されているApple製VR ヘッドセットに対する林檎塾の考え方

 

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
今年も不定期で投稿していきたいと思いますので宜しくお願いします!

久々の投稿で戯言シリーズですᕕ( ᐛ )ᕗ

「AppleのVRヘッドセットが2022年末に発表される」
っという噂が出回っていますよね
それに関して仮想世界の住民である林檎塾が
ちょっと長めに見解を記事にしておきます( ᵕ·̮ᵕ )

とりあえず噂をまとめましょう。
  • 2022年後半に出るかも(来年に延期かも)
  • マイクロ有機ELとアクティブマトリクス式有機ELパネル計3枚搭載される
  • M1Pro並みの性能で価格が20万円以上かも
  • ハンドトラッキング可能かも
  • ARにも対応するかも

林檎塾の予想と噂に対する見解 

ディスプレイに関しては、
背景に低解像度のアクティブマトリクス式有機ELを設置して、
その手間にマイクロ有機ELディスプレイを重ねる形で配置する感じ?
そうすることで人間が見ている視界のように
中心点以外はボヤけ感を再現するといった感じですかね
確かPSVR2ではソフトウェア側でそれを再現するとか言ってましたね
ハンドトラッキングに関しては、
Quest 2で既に使用可能なので驚くことはないですよね
LiDARを使用したトラッキングになるとなんとか・・・
でも基本コントローラーじゃないと苦労します・・・腕が疲れるw
ARに関しては、搭載されたカメラを使って液晶を通して現実を見つつ、
自分のいる環境に3Dモデルを設置するという感じですかね・・・
価格が20万円って点ですが、
一般向けには売れない製品となるでしょう・・・
なんたってMetaが販売しているQuest 2が圧倒的に安いし
PCに無線で繋ぐAir Linkを使用して、PCVRも可能・・・

Apple製VRヘッドセットの問題点に関して

Apple製VRヘッドセットの問題点は少ないですが、
重大な問題点を抱えています。
  • Appleならではの強気の価格設定
  • ゲーム開発者がMac・iOS環境を無視
  • 2020年にSteam VRがMacをサポート外に
  • 後発だけあって他社製ヘッドセットに勝てない
Appleならではの強気の価格設定
スペックも価格も高いVRヘッドセットを買うのは
真のVRヲタか、VR関連の業者しかいない現実をAppleは見てない。
カジュアル層を一気に掻っ攫ったMetaのQuest 2は、
旧FaceBookのマーケティングの上手さの結果だと思います。
低価格でVRの敷居を一気に下げ、世に普及させた功績は大きい。
そんな状況下で高価格な新製品を投入したところで売れるはずがない。
例としてSetamの運営会社Valveが高価なVRヘッドセットを売った結果、
Steamで最も使われているVRヘッドセットがQuest 2となってしまい、
圧倒的にシェアでボロ負けする事態になってますからね・・・
ゲーム開発者がMac・iOS環境を無視
これに関しては前から言われてましたよね?
Macに対応したゲームは圧倒的に少なく、
iOSでの主要なゲームが3Dではない低品質な課金ゲームばかり。
AppleからVRヘッドセットが出たとしても、
主要なVRゲームメーカーは見向きもしないでしょう。
だってユーザーが多いSteam向けにゲームを開発した方が売れますし、
わざわざそんな後発のVRヘッドセット向けに
ゲームを最適化するなんて面倒なことをする開発者は少ないのでは?
2020年にSteam VRがMacをサポート外に
これを知ってる人は少ないと思います。
つまり、Quest 2のようにAir Link的な物でMacに繋いだとしても、
遊べるコンテンツがないんです。
VRChatもMac非対応ですし、遊べたとしてもClusterぐらいでは・・・
一部のiOSのデベロッパーが
動画を見るプレイヤーを開発するぐらいで終わりそう。
後発だけあって他社製ヘッドセットに勝てない
世の中には多くのVRヘッドセットが出ていますよね
代表格としてHTCのVIVE
カジュアル層の取り込みに成功したMetaのQuest
HPのReverbとValveのIndex
他にもDellやLenovoやAsusからも出ています。
他にも中華製の怪しい物もありますよね・・・
そんな中で一番ユーザー数が多いのはQuest 2なんですよね〜
いくらハイスペックでも、ユーザー層を理解できてないAppleには
カジュアル層の取り込みは不可能。
金持ち向けの文鎮と言ってもいいでしょうね
つまりAppleがVRヘッドセットを出したところでVRユーザーは買わないし、
カジュアル層も高くて誰も買わない。
対応していないソフトばかりで何も楽しめず、
VRヘッドセットで2Dの課金ゲームで我慢するか、
映画を見るか、需要が見込めないARで物を眺めるだけか、
業務用として運用するしかない。
Appleは毎回Apple Eventでゲームを紹介してますけど、
あぁいうクソゲーをVRで楽しんで何が楽しいんだい?って言いたいわけです。

まぁ所詮は噂ですし、Appleが無謀な賭けに出るとは思えないんですよね・・・
現在出てる噂だけでは革新的な機能があるわけでもないですし・・・
ただAppleがメタバースを作って、
Memojiのアバターを使えるとしたら結構流行りそうではある。
だってMetaが作ってるHorizonのアバターは本当に酷いからねw
Memojiのアバターなら結構ポップで可愛いからウケはいいと思うんだけど・・・
ただし、そのメタバース内でやれることが少なければ誰もやりませんけどねw

2021/09/27

気がついたらそこにはiPad mini


あ〜そろそろWordPressに移行してぇなぁ〜
やっすくて良いサーバーないかな〜
っとここ数年言い続けている林檎塾です。

某界隈からラズパイでサーバー立てれば?

とか言われそうだな・・・(´・ω・`)

さてそんな昨今、気がついたら手元にiPad miniがありましてですね・・・
確かあの晩は辛口の度数の高いスペイン産の白ワインを頂いた夜でした。
家族ぐるみで仲良くしているフランス人家族から頂いた物で、
なかなか飲む機会が無くて冷蔵庫で保存していたんですが、
流石に冷蔵庫の一部を占領しているので飲むことにしたんです。
飲み切った後、酔っ払ってそのまま寝たところまでは覚えていて、
夜中に目を覚まして何かをした記憶はあるんですが記憶が曖昧・・・w
その数日後に気づいたら届いてましたw

まぁ経費で買う予定だったので問題ないですね(´・ᴗ・`)b(ぁ
ってか酔っ払ってなかったら4週間待つ羽目になってましたねw
ありがとうワイン!ありがとうワシの酔っ払った頭!

ってことで開封動画撮っておきましたのでご自由にご覧ください!

ジャジャーン!(昭和感
箱もミニサイズで可愛い!初代iPad miniを使い倒していたワシにとって
miniこそ至高なのです٩( ᐛ )و

パカっ!ヒョイ!(昭和感2回目

このサイズ感!いいですよね〜(´・ᴗ・`)b
ペリペリを剥がしていきましょう!

カメラの存在感(´・ω・`)
Apple製品は丸角エッヂが素晴らしいと以前賞賛していた林檎塾としては
この原点回帰とも言える丸角エッヂは嬉しい!

これが噂のTouch IDですね!
ホームボタンがなくなったおかげで、
画面側の縁がとても良いバランスのデザインになっていました。
そしてその下にはステレオスピーカー・・・音いいわ・・・
Bluetoothの外部スピーカーいらねぇや・・・

付属品は20w USB-C 電源アダプターとUSB TypeCのケーブルですね〜!
USB-Cでいろいろと拡張できそうだからワクワクが止まらないぜ!

ってなわけで手元にiPad miniが届いちゃったよ〜という報告でした!


それにしても可愛い!このサイズなら小さなカバンに入るので、
外出先でアイデアが浮かんだら速攻メモできて良い!
iPhoneだとApple Pencil使えんしな(´・ω・`)
しかもiOS 15からApple pencilでの手書き日本語入力が可能になったので
いろいろと幅が増えていきそう!

あっケース買わないとだな〜(´・ω・`)

2021/08/07

林檎塾がついにフルトラ勢に?!HaritoraXを開封してみた!

 ついにHaritoraXが来た〜!

詳しくは前回の記事をご覧くださいw
低価格でフルボディートラッキング「HaritoraX」がやばい!

これは低価格でフルボディートラッキングを可能にするガジェットです٩( ᐛ )و
度重なるトラブルによって7月中には届きせんでしたが、
本日8月7日に到着しましたよ!

では早速開封!

センサー4つ・メインユニット1つ
他にもいろいろ入ってますね〜(´・ᴗ・`)b

ケーブルは4本のLANケーブルと、
充電用のUSB Type-Cのケーブルが付属されています!
Twitterで見たカールコードタイプのLANケーブルに変えるのもありかな〜!

センサーはこんな感じ!

では早速組み立てを・・・と思いましたが、
一気に組み立てたため写真がありませんw
そして装着光景も見せられたもんじゃ無いので割愛(コラ
まぁ実際はサボっただけですw
今回は開封のみですしね!
次回は「HaritoraXをVR Chatで試してみた!」という記事でも書こうかなw

実は、PC側のBluetoothデバイスとの相性が悪いのか接続が頻繁に切れるので、
HaritoraXの販売元であるShiftallさんが、
動作確認済みのBluetoothドングルを紹介していたので
そちらを今日注文しました(´・ω・`)
TP-LinkのUB400というものですね〜

このドングルさえ手に入れば林檎塾もフルトラ対応ユーザーです٩( ᐛ )و

2021/06/08

低価格でフルボディートラッキング「HaritoraX」がやばい!

VR?Macユーザーには関係ない話でしょ?

なんて思っている方!!そうなんです!(ぇ
残念ながらVRで体験できる仮想空間サービスは
悉くMacに対応していないため、あまり恩恵がありません。
しかしこの林檎塾を愛読している方の中にも
Windowsユーザーが含まれているのを見逃していませんよ!(๑′ᴗ‵๑)
しかもPCゲーマーの方もいることも調査済みです٩( 'ω' )و

今回林檎塾が注目している製品は、
安価にフルボディートラッキングを可能にする製品
HARITORA X』です!
そもそも「フルボディートラッキングってなんぞや?」
という方が多くいると思います。
簡単に説明すると、体に複数のセンサーを取り付けて
体の動きをリアルタイムにPC側に転送する技術です。
詳しくは「Motion Capture ( Mocap )」で検索してみてください。
Vtuberの方が動けるのも、このフルボディートラッキングのおかげなんですよ!
今まで安価とされていたフルトラは、Vive Trackerを使ったもので、
最低でも10万円以上の機材が必要でした。
本格的なものとなると、20〜100万円以上とピンキリ!
だから気軽には手を出せない物でした。
そんな金持ち&プロシューマー向けの技術だったものを
開発者であるIZM氏が「フルトラ民主化」を掲げHaritoraを個人で開発し、
pixiv FanBoxで販売を開始!
そして今年IZM氏株式会社Shiftallとの提携で
HaritoraXが誕生しました!
選曲はアレですが使えそうでしょ?(コラ 
VRchatやClusterなどでも動くので、
これからVtuberを目指したい人必見のアイテムなんです!

えっ?価格?

それが一番の問題ですよね〜!
なんと1セットで27,900円!

1セットで27,900円!

1セットで27,900円!

Vive Trackerよりも安い(´;ω;`)
動作確認済みのソフトウェアは以下の通り!
  • VRChat
  • NeosVR
  • VirtualCast
  • Virtual Motion Capture
  • cluster
  • ChilloutVR
他にも順次対応予定との事!
ワクワクが止まらないぜ!(イノスケ

発売後に追加されるかもしれない機能

HaritoraXには末端のモジュールに拡張ポートがあるため、
追加モジュールを追加して
更にトラッキング性能を上げることができます!

例えば1セットなら末端がふくらはぎなので、つま先まではトラッキングできません。
しかし二つの追加モジュールを装着する事で、
つま先までトラッキング可能になるかもしれないんです!

現在は8月と9月発送分が予約開始になっているようなので、
気になる方は予約してみてはいかがでしょうか?
自分は7月発送分を予約済みです( ‵ᴗ′ )b

HaritoraXの予約はこちらから!



2020/11/07

なぜ林檎塾はHomePod miniの購入を断念したのか

先日発売が開始されたHomePod mini
なぜ見送ったのかを説明します。興味がない方はスルーでお願いします!

正直イベントでの感想は「これええやん!」と思っていました。
でもAppleはワシが大好きなSpotifyを非対応にしおったんじゃ!( ・᷅ὢ・᷄ )
そして以前Apple Musicに対して批判的な記事を書いたと思い・・・・
書いたっけ・・・(°д°;)
まぁ書いたとしましょう(ぇ
Apple Musicの選曲の酷さに対してワシはとても批判的だったんです。
実はその選曲センスまだ治ってないんですよ・・・

リラックスカテゴリを選択すると、
ズンシャカズンシャカ騒がしいクソみたいな音楽が流れるんです(コラ
でもSpotifyなら適切な音楽をチョイスしてくれるんですよね〜
そんなSpotifyが好きなのでApple Musicはあまり使いたくないんですよね・・・

さて、そんなこんなで一つ目のネックを紹介しました。
二つ目のネックはSiriをあまり使っていない
タイマーセットかHomeKitの製品を操るくらいしか使っていません。
なのでHomePod自体不要だと思ったんですよね
インターコム?それiPhoneの機能にすればよかったんじゃ・・・

実は新しいデバイスを購入してしまっている件

実は、もう既にドリキンさんに勧められて買ってしまった製品があるんですよね〜
それはIKEAのSYMFONISK ブックシェルフ型WiFiスピーカー
もう皆さんもご存知だと思いますが、
AirPlay 2で高音質な音楽を楽しめるSonosとIKEAのコラボ製品です!
部屋に合わせた音を奏でてくれる高音質な神スピーカーなんです!
しかもデザインがオサレ!iMacに合うデザインで素敵なんですよね〜!
そして最近、一台買うともう一台欲しくなる魔法にかかってしまったんです・・・

二台あれば、ステレオリンクが可能!もう買うしかない!
価格も税込14,990円とお手頃価格!デザインも音質も良いスピーカーを手にしちゃったら
HomePod miniが不要に思えてきてしまうんです・・・残念ですが・・・

ってことで、HomePod miniの購入を断念した理由でした。
発表時と、発売日のズレでさらに購買意欲が落ちてしまったのも原因かも
ちんまりして可愛んですけどね〜(´・ω・`)
やっぱスピーカーは少し大きいものを買わないと音質がね・・・

2020/10/31

一部のAirPods Proで不具合が判明したため無償交換プログラムを実施

Appleのサポートページによると、
2020年10月以前に製造されたAirPods Proの一部で不具合が判明したそうです。
症状は以下の通りです。

・AirPods Pro から異音 (「パチパチ」という音など) がして、
周囲の騒音が大きい時、運動中、または通話中にそれが大きくなる。

・アクティブノイズキャンセリングが正常に機能しない。
たとえば、低音が欠落したり、背景音 (街頭や飛行機の騒音等) が大きくなるなど。

上記のどちらか、もしくはどちらにも該当する場合は、無償修理が可能になります。
もし実機検査で上記の現象が見られなかった場合は、
返送されるそうですのでご注意ください。
もし該当のAirPods Proだと確認された場合は無償交換となるそうです。
今回はあくまでもAirPods Proの無償交換プログラムであるため、
AirPods Proの充電ケースは交換対象ではないとのこと。

サポートを受けられる方は、
Apple正規プロバイダーへの持ち込み
予約後にApple Storeへの持ち込み
Appleサポートから問い合わせて郵送での交換となります

Apple Oneがついにスタート!

ついにApple Oneがスタートしました!
Apple Oneとは、Apple Music / Apple TV+ / Arcade / iCloud ストレージ50GBの
4つのサブスクリプションを、毎月1100円で加入できるサービスです!
ファミリー共有なら1850円となっています

App Storeのアカウントページのサブスクリプションの項目に追加されています!

Apple Musicは月額980円
Apple TV+は月額600円
Arcadeは月額600円
iCloud 50GBは月額130円

全てに加入した場合、毎月2310円ですが
Apple Oneでは1100円で全てに加入できてお得感がありますね!
ただ、Apple TV+に関してはコンテンツ不足で月額600円の価値は無いに等しいと思います。
Arcadeにしても、ゲームをしない人達にとってはどうでもいいですよね〜
ただ音楽を楽しみたい!そしてiCloudの容量が欲しいって人にはお得かもしれませんねw
今後Apple TV+に新コンテンツが出ればいいんですが・・・

Popular Posts