2012/01/27

iPhone依存症の特徴



iPhoneを持っている人で、
iPhone依存症になった人も非常に多い。
そんなiPhone依存症である人の特徴をあげてみます。
  • 暇があるとiPhoneをみる
  • iPhoneが時計代わり
  • 目的地がわからないとMapで確認
  • 一番使うアプリケーションを纏めてフォルダーにしている
  • Pushが来るとワクワクする
  • アイコンの右横に出る赤い通知マークを見ると見たくなる。
  • メールで各メールサービスの管理をしている
  • 外出先でも調べ物をしてしまう
  • iPhoneを家に忘れると1日中不安で仕方がない。
  • トイレで「もし落としたら」という想像をしてしまう。
  • いつでも何処でもiPhoneを持っている
  • 布団に入ってiPhoneをいじり時間を忘れる
  • 寝不足になる


他にもまだまだ有りそうだ・・・・

しかしこれだけiPhoneが人々に影響を与えている。
そう考えると、Appleそしてスティーブの偉大さを改めて感じますね!

追記
もちろん自分も依存症(º∀º)b

Contributors

自分の写真

Apple News Site林檎塾を運営しています。

Popular Posts