2012/04/25

WWDC 2012学生デベロッパーに対しての待遇を発表

Appleは、いくつかの素晴らしいアプリケーションを制作している、
学生デベロッパーに対して、
奨学金でWWDCに参加出来るようにすると発表。
5月2日から受付を開始するそうです。
必要条件
WWDC学生奨学金申込書に必要なすべてに記入し、
就学の証明を提出しなければなりません。

適格性の要件
2011年8月1日以降の時点で
デベロッパープログラム参加料金支払った
iOS Developer Programのメンバー、
iOSデベロッパエンタープライズプログラム、

またはMacデベロッパプログラム、
またはiOSデベロッパユニバーシティプログラム学生チームのメンバー
である必要があります

WWDC 2012学生奨学金を申請する資格を得るために、
有料iOSデベロッパプログラムまたは、
Macデベロッパプログラムのメンバーとして登録されている親を持つ
マイナー共有登録されているApple Developerでなければなりません。

以下略

年齢は13歳以上ということです。
奨学金真申請をして選ばれた学生150人には、
6月11日と6月15日の間に開催される
WWDC 2012に出席する権利が与えられ
WWDC 2012学生E-チケットをプレゼント

凄いなおい・・・詳しくはこちら・・・

Contributors

自分の写真

Apple News Site林檎塾を運営しています。

Popular Posts