2012/10/24

Final Cut Pro X 10.0.6アップデート配信開始



バージョン 10.0.6 の新機能

• マルチチャンネル・オーディオ・ファイルをタイムライン内で
 直接展開して、個々のオーディオチャンネルを詳細編集

• ファイルベースのカメラからのメディア読み込みと
 フォルダ内のファイル読み込みのウインドウを統合

• 共有機能のインターフェイス改良により、
 プロジェクトや選択範囲を 1 つまたは複数の出力先に書き出し

• RED カメラのサポートにより、REDCODE RAW をネイティブ編集、
 オプションで Apple ProRes にバックグラウンドトランスコード

• MXF プラグインのサポートにより、他社製プラグインを使うことで
 MXF ファイルを読み込みから納品までネイティブ操作

• デュアルビューア(共にビデオスコープ表示対応)により、
 ショットを比較して動きや色をマッチング

• タイムラインでチャプタマーカーを追加して、
 ビデオファイル、DVD、Blu-ray ディスクに書き出し

• イベントブラウザで範囲選択の開始点と終了点を維持、
 さらに 1 つのクリップで複数の範囲選択が可能

• “パラメータをペースト”ウインドウで、
 クリップ間でコピーするエフェクトを選択

• クリップ接続がより柔軟になり、接続されたクリップを固定したまま
 基本ストーリーラインのクリップをスリップ、スライド、移動

• 1 回のキー操作でフリーズフレームをタイムラインに追加

• ドロップシャドウ・エフェクトのオンスクリーンコントロールにより、
 位置、エッジの減衰、角度などを直感的に調整

• 新しいコントロールにより、マルチカムクリップ内の
 複数のアングルのオーディオを結合

• タイムラインで複合クリップを作成するとイベントブラウザに
 クリップが保存されるようになり、ほかのプロジェクトで再利用可能

• XML 1.2 のメタデータの読み込み/書き込み機能により、
 他社製アプリケーションとの連携が向上

Contributors

自分の写真

Apple News Site林檎塾を運営しています。

Popular Posts