2010/08/10

HDDはずした瞬時にデータを無効化する技術を東芝が開発

東芝のリリースによると、
同社はHDDにおける暗号化技術を応用した情報漏えい防止の新技術として、
世界で初めてHDDを取り外した時などに、
記録データを自動で瞬時に無効化する技術を開発したそうです。

従来のHDD内のデータを無効化する方法としては、

HDD自体の破壊や強力な外部磁界で磁気データを消去するといった物理的な方法や、
HDDに他のデータを上書きするなどの方法がありましたが、
専用設備や処理に長時間を要する上に、
HDD盗難の場合にはデータの無効化ができないという問題がありました。

しかし今回開発された技術は、

ディスク上に記録された暗号化データを解読するための「暗号鍵」について、
搭載機器から取り外されるなどしてHDDへの電源供給が断たれた場合に自動で消去し、
記録データを瞬時に解読不能とすることで無効化する技術であるため、
HDD盗難に対しても情報漏えい防止が図れるようになるとのこと。

従来の技術と比較した新技術のメリット。

迅速かつ確実なデータ削除が可能になるため、
パソコンを廃棄するときやリース期間が終了した時などにも活躍します。






ここから林檎塾の久々のツッコミ


自作機作ってる人には全く売れないし
こんなのが入った東芝のPCなんて誰も買わなくなる
HDD交換も容易にできなくなるということは、もの凄く痛手になるだろう
こんな馬鹿な技術を作ってないで、さらに大容量のHDDを開発しなさい


ってかAppleが導入したら泣くな・・・確実に・・・

Contributors

自分の写真

Apple News Site林檎塾を運営しています。

Popular Posts