2010/06/14

プレゼンの重要性

SONYの新型αNEX-5の発表時に撮影されたプレゼンを
週刊アスキーさんがアップしていて
それをさっきまで見ていました。
ちなみにこれ


オープニングで商品見せちゃったら後でグダグダになるじゃんね〜(´・ω・`)
あとでジャジャーン!って見せても驚き無いじゃんw
「あ〜さっきのか〜」的な・・・

そしてプレゼンの酷さは異常
台本を棒読み・・・
製品の素晴らしさを伝えるという気がないんでしょうかね?
その時点で思考停止してるんですけど・・・w

そして後ろのスクリーンに映された内容もひどい
どこを見ていいのか・何を表現したいのか
すべてにおいて迷いがあるし、
ゴチャゴチャしてて
小学校の教室にある、後ろの掲示板と勘違いしそうなぐらい
ゴッチャゴッチャしてて大変
自己満足なのかな・・・ってか手を抜いてるとしかwww

そして口で説明している最中なのに、
内容が先にスクリーンに投影されちゃってる・・・
んでもって会場・・・「シーン」っと静まり返ってる・・・
なんでこんな堅苦しい発表しかできないんだろうか・・・
もっとラフでいいんじゃないの?
スーツ着て演説台なんか用意しちゃってさ
それだけでも眠たいプレゼンなんだよね

Appleユーザーならわかるでしょ?このモヤモヤ感!
Jobsのプレゼンは改めて神だなと思えますなぁ〜


客を引き込む力
そしてこのラフなプレゼンで、
何を伝えたいのかがハッキリしている
このプレゼンだけで、
どれだけの人の購買意欲をそそられただろう・・・
SONYは日本企業の代表のような存在なのだから
もうちょっと頑張って本気を出したプレゼンを作ってもらいたい

Contributors

自分の写真

Apple News Site林檎塾を運営しています。

Popular Posts